1年前から悩まされている首肩こりと頭痛で来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>

1年前ぐらいから急に首肩こりを自覚するようになり、酷い時は頭痛もするとのこと。整形外科ではストレートネックだから仕方がないと言われ、接骨院やマッサージにいくがその時だけ楽ですぐに戻ってしまう状態が続いている。

特別思い当たる原因はないが、デスクワークが中心なのでそれが原因ではないかと言われる。

鍼灸は初めての受診。
1年前から悩まされている首肩こりと頭痛で来院された40代女性(浜松市)の症例

<施術内容と経過>

デスクワークは何年も前から行っており、ストレートネックであっても肩こりにならない方も大勢いる為、全身を診て判断していく。喉に異常反応があり、肩甲骨の下の方にも筋肉の緊張がみられるため、肩こりは他の不調を表現しているだけだと判断して施術を開始。

初回
喉の反応はコミュニケーションに関係することが多い為、話を聞いてみると言いたいことを我慢してしまう癖があるとのこと。喉の異常反応を解除すると首のつまり感は一気に柔らかくなった。肩甲骨の下側の筋肉の緊張を鍼でゆるめると呼吸がしやすくなり、肩のこり感が改善された。

2回目(一週間後)
前回の施術後から頭痛はでなくなり、首こりは感じるが肩こりは以前ほど辛いと感じることはなく楽に過ごせていたとのこと。同じく喉の異常反応解除と肩甲骨の下側の筋肉を鍼でゆるめる施術を行い終了。

3回目(一週間後)
一週間後に来院。前回の施術後から首こりもあまり感じることがなく、楽に過ごせているとのこと。言いたいことを我慢せずに言うための遊びを教える。

4回目(一週間後)
仕事が忙しく、2日前から、肩こりを感じるようになったが、それまではずっと調子が良かったとのこと。一時的な疲労と判断し2週1回へと施術間隔を伸ばす。

5回目(一週間後)
仕事が忙しく、2日前から、肩こりを感じるようになったが、それまではずっと調子が良かったとのこと。一時的な疲労と判断し2週1回へと施術間隔を伸ばす。

6回目(二週間後)
嫌なことがあったり、我慢させられるようなことがあると頭痛が出たとのことだが、それ以外では調子よく過ごせている。

7回目(三週間後)
生理の前に、若干肩こりかな、程度の軽いこりは感じたものの、それ以外ではひどく悪くなることなく過ごせていたとのこと。

8回目(一ヶ月後)
時々、無理をすると肩こりを感じるが、一晩寝れば回復する状態であり、身体の方も特別問題がない為、今回で卒業とした。

<まとめ>
我慢癖が原因で体に異常が出てきて、肩こりが発症していた症例。

言いたいことを我慢してしまうタイプの方に多く、こりが首筋に集中するのも特徴で、施術だけでなく自分の我慢癖を遊びながらやめていくことがうまくできたため、順調に改善された。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました