追突事故後の首が回らず、腕のしびれがとれないと来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>

半年前に自動車で追突されてしまい、それから首が痛くて回らなくなり、左腕にしびれが出るようになった。自賠責を使って整形外科に通ってはいるが牽引と電気だけで一向に良くなる兆しがなく、最近は気分まで落ち込んできた為、当院へ来院した。

病院ではむち打ち症であるとの診断を受けており、治療も継続して受けているが症状はほとんど変わらず、半年たってきたこともありそろそろ症状固定(症状が残っているがそれ以上治療をしても回復する見込みがないので治療を終える事)にしてはどうかと言われているとのこと。

鍼灸は今回初めての受診である。

追突事故後の首が回らず、腕のしびれがとれないと来院された40代女性(浜松市)の症例

<施術内容と経過>

首の動作チェックを行うと、特に上を見て左右に頭を倒した時に倒した側の首筋や肩にかけて電気が走るような痛みやつっぱる感じが出ている。症状的には頚椎症を思わせる症状である。

首を動かさない状態でも左の肘から先の当たりにしびれ感が常にあり、腕の神経が出てくる場所を押さえるとしびれが強くなり、斜角筋症候群を思わせる症状である。首の骨(頸椎)を安定させることで改善されていくと判断し、施術を開始した。

初回の施術では、首の骨に安定性を出すために骨盤と背骨のゆがみの改善を主体に行った。背骨に関しては、骨の調整だけでは安定しなかった。内臓を調べていくと膵臓に異常反応があり、内臓調整を行ったところ背骨も安定した。施術後は腕のしびれ感が薄くなり、首も痛みなく動かせる範囲が広がった。

2回目の来院時には徐々に痛みが戻っては来ているものの施術前と比べると痛みが3割減ぐらいで過ごせているとのこと。前回同様、骨盤と背骨の調整、内臓の調整を行ってから首の骨(頸椎)の調整を行い終了。施術後は腕の方は軽く何か幕が張っている程度まで改善。首を後ろに倒した状態で左に傾けた時だけ痛みが残るが、右の痛みは感じなくなったとのこと。

3回目の来院時には、日常生活では今までの半分程度の痛みしか感じなくなり、腕のしびれは感じない時間が出てくるようになったと報告を受ける。施術は2回目の施術に準じて行った。

4回目の来院時に7割近く痛みは感じなくなっているが、軽めの痛みが残っているとの報告を受ける。施術後は3日ぐらいは痛みをほとんど感じなかったそうだが、4日目ぐらいから痛みを自覚し始めたとのこと。施術は前回と同様の施術を行った。

間隔をあけながら施術を行っていったところかなり痛みは軽減されてきたものの、7回目の施術終了後も1割ぐらいの痛みが復活してきてしまう。

他に何か体に刺激をするようなことをしていないかを確認したところ、病院での牽引を続けているとのことで、「もしかすると、その刺激が影響しているかもしれませんね」と軽くお話させて頂いたところ、翌週から自己判断で牽引をやめられたようで、それから痛みが全く出なくなったため9回目の来院で卒業とした。

<まとめ>

むち打ちから頚椎症、胸郭出口症候群のような症状が出てきていた症例(診断は医師にしかできない為診断名は不明)。

牽引をやめたタイミングですぐに残りの痛みが改善してしまったところから考えると、重さが適切でなかったことで筋肉を逆に緊張させてしまっていたのではないかと考えられる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

タイトルとURLをコピーしました