院長プロフィール 浜松の頭痛・自律神経専門|はりを刺さない心身堂鍼灸院 中区和地山

Tel:053-477-0596受付:9:00~18:30 休業日:木日
ホーム > プロフィール

はじめまして、心身堂鍼灸院 院長の佐野佑介(さのゆうすけ)です。

佐野佑介プロフィールをご覧いただきまして、ありがとうございます。

このページでは私の自己紹介やどのような気持ちで施術に当たらせて頂いているのかをご紹介させて頂いております。病院のように薬や機械だけで行う治療と異なり、直接触れることであなたの回復のお手伝いをしていく、当院の施術では、誰から受けるのかでも大きく結果が変わってきます。

少々長いですが、是非ご一読お願い致します。それでは、私が鍼灸師になるまでのお話をスタートさせていただきます。

生まれも育ちも浜松市

佐野佑介 公務員の父と専業主婦の母。兄姉の3人兄弟の末っ子として生まれました。小学生の時は半田山に住んでおり、兄の背中を追いかけて暗くなるまで山の中を走り回って遊んでいました。今でも山とか海とか自然が好きで、疲れがたまっているときなどは、時々パワーをもらいに海の風に辺りに行ったりします。

佐野佑介 釣りが趣味の祖父が魚をさばいているところをみているのが好きで、その影響か料理をするのが好きになりました。物事に集中すると周りが見えなくなるタイプで、今でも集中しているときは話しかけられても聞こえていないことが多々あって「聞いてるの!?」っとよく叱られます。

小学校高学年ぐらいから器械体操を習い始め、今も時間がある時にボランティアで、小学生に器械体操を教えに行くことがあります。

鍼灸師を目指す

鍼灸私が鍼灸師(しんきゅうし)という職業に付きたいと思ったのは大学1年の時。元々は情報処理を大学で勉強していましたが、コンピュータと毎日にらめっこする生活を一生続けていくことに疑問を感じ、どうせ働くならば「人の役に立つ仕事がしたい」っという気持ちから鍼灸師を目指していました。

鍼灸師になると決めてからは、昼間は大学夜は学費を稼ぐために地元のレンタルビデオ店でアルバイトという2重生活をい続けました。若かったからできたとしか思えませんが、今考えてもすごい気迫だったな~っと思います。

鍼灸将来鍼灸師になるなら"気"について知らなくてはいけないと思い、大学4年の時に気功の勉強を始めました。生まれつき、気に関する感覚が鋭いらしく気功施術そのものは結構スグにできるようになりました。そのため、家族などを相手に人への施術っというのは22歳ぐらいからやっていました。

鍼灸専門学校へ入学し、免許取得

大学卒業と同時に常葉大学医療専門学校(現:常葉大学健康鍼灸学科)鍼灸学科へ入学し、鍼灸師の国家資格を取るべく練習と勉強に明け暮れます。

入学当初の私はクラスでもダントツに鍼(はり)もお灸(きゅう)も下手で、実技がある日はほぼ例外なく居残りさせられていました(笑)しかし、名人鍼灸師に憧れていた私はとにかく上手くなって、いろんな人を治しまくれるようになりたい一心で人の3倍練習すると決め狂ったように毎日練習していました。

2年(学校は3年制)の時に、刺さない鍼(はり)に興味を持つようになり、刺さない鍼を使って活躍している鍼灸師の勉強会にも参加するようになり、東京や滋賀まで毎月のように出かけて勉強していました。

かなりやりこんでいたので、卒業する時には実技、勉強の方もクラスでトップレベルの成績で免許を取得しました。(`・∀・´)エッヘン!!

そして卒後、無事、鍼灸師の国家試験を通過して免許を無事取得しましたが、卒後1年は知識の幅を広めるために、登録販売者っという薬の資格取得のために地元の杏林堂薬局で実務経験を積んで、翌年からはりの修行に入ります。

はり修行で挫折する

鍼灸就職先の鍼灸院ははりを刺さない鍼灸を学ぶことが出来るという理由で、就職しました。学校の実技でも認められていましたし、毎月勉強会にも出ていたので修行を積めば立派な鍼灸師に成長できるだろうっと考えていました。

就職先の院長の言われていることが理解できず、注意をされる→直そうという想いと同時に、そんなこともできない自分はなんてダメな奴なんだと自分を責める毎日を繰り返していました。

ストレス 自分を責めるを毎日毎日繰り返していった結果、修行開始から、1年ぐらいの時に、パニック障害を発症して、職場で過呼吸発作を起こして倒れてしまいました。自律神経が乱れている予兆はありましたが、この日を境に仕事もできる状態ではなくなってしまい、そのまま実家に戻って療養生活を送ることになってしまったのです。頻繁に過呼吸になり、胸が苦しく、動悸が止まらない。私の人生終わったと思いました。

パニック障害から復活そして開業へ

パニック実家に戻ってからもパニック発作はおさまらず、過呼吸、動悸、息切れ、手足のだるさ、うつ状態、手足の異常発汗、理由のない恐怖、不安に襲われるなどの症状と毎日戦っていました。とにかく毎日動けないので、ほとんど寝ているだけの生活を1ヶ月ぐらいして、少しだけ回復したところで精神科を受診して投薬治療を受けましたがあまりよくなりませんでした。

本当はすぐに自分で自分にはりをすればよかったのですが、はりを見ることで職場を思い出すのではないかという恐怖からなかなか自分自身にはりを行うことが出来ませんでした。

漢方薬幸い近くの漢方薬局で頂いた漢方薬を飲んだところ、若干体調が改善しました。しかし、ある程度まで改善してからはその漢方薬でもあまり症状が変わらなくなってしまいました。

漢方薬のおかげで若干体調が改善したため、今ならはりを使う恐怖を克服できるのではないかと思い、勇気を振り絞って自分で自分にはりを行う事をし始めました。その頃から、徐々に起き上がれる時間が増え、うつ状態が改善され、日常生活が送れるようになってきました。

パニック障害発病から4ヶ月後にはある程度の日常生活が送れるようになってきましたが、そこまで回復すると社会復帰を考えなくてはいけなくなってきます。

再就職してまた同じようにおかしくならないか?という恐怖と、パニック障害からここまで回復に成功したはりの力を人の役に立てたいという想いがあり、悩んだ結果、自宅開業という道を選びました。2012年6月に北区にある実家の一室を使って、「ゆう鍼灸院」という鍼灸院を開業しました。

開業当初は知人を中心に診させて頂いておりましたが、学生の時から積み上げてきた努力なのか、自分のパニック障害を克服するために必死ではりを行った成果なのか、最初はポツポツだったクライアントさんも口コミから、徐々に増えていきました。

鍼灸院は1年を過ぎたあたりから、自分が頭痛の改善が得意だということに気がつき頭痛について専門的に勉強して、頭痛専門の鍼灸院へとシフトしていきました。頭痛専門にしたことで、様々な頭痛の症例を担当させて頂くことになりましたが、治らない頭痛の共通点も見えてきました。

それが、心に問題を抱えた方の頭痛です。頭痛症状自体は普通の慢性頭痛とほぼ同じなのに、首の筋肉が柔らかくなぜ頭痛が出るのかが肉体的問題では説明することが出来ない方が改善できない方の特徴だったのです。

私は元々自分自身の心の中に生きずらさを感じていたため、中学生ぐらいから心理学を勉強していました。心理的な問題から頭痛になっている方を何とかできないか?そう考え、心理学を再度勉強しなおし、色々と試行錯誤を始めました。

独自の心理療法の開発により、施術法が大きく変化する

心以前から様々な心理療法を学んでいましたが、効果がイマイチ不明で、効いているのか効いていないのかすら、よくわかりませんでした。そうして、色々と試行錯誤をしているうちに、独自の心理療法の開発に成功します。

独自の心理療法は効いているのか効いていないのかを可能な限り、体に現れる現象としてチェックすることで、効果を確認しながら進めていくという全く新しい方法を考案しました。実際に研究に協力してくださったクライアントさんが予想に反して、驚くべき改善を示したのです。

しかも、今まで心の問題は心の病気でさえなければそれほど考慮しなくていいっと考えていたものが、心の改善を行うことで、肩こりや腰痛、頭痛が改善されたり、便秘が解消されたり、アトピーがきれいになり始めるなど、一般的には肉体的な問題とされている症状の中に、心の問題が強く影響を受けていることが分かってきました。

トラウマさらに、自分自身にもこの心理療法を試していくと、過去に負った心の傷が改善することで、幸福感が増すようになってきたり、自分を大切にすることが出来るようになってきたのです。

この心理療法は誰でも簡単に行うことが出来ます。私はそのサポートをするだけです。そのように考えるようになってから、今まで行っていた施術方法がやり過ぎていたのではないか?と考えるようになりました。

そして、人体を更に研究し、心と体両面からアプローチすることで、クライアントさん自身の持っている自分の回復力で治るのというスタイルへと変化し、改善率も大幅に向上しました。

移転を契機に心身堂鍼灸院へと名前を変更

心身堂鍼灸院2017年和地山への移転を機に、心と体の両方の健康のお手伝いをする鍼灸院という意味を込め、「心身堂鍼灸院」と院名を改名して生まれ変わりました。

私自身パニック障害を経験し、延べ10,000人を超える方の心や体のお悩みに寄り添ってきました。これは無理ではないのではないか?っと思われるような重度の症状の方が劇的な回復を見せることも数多くあります。

しかし、その回復の裏には必ずと言っていいほど人生の「気づき」があります。私もパニック障害前と比べて性格も人生も大きく良い方向へ変わりましたし、元気になられる過程で、自分を抑圧することをやめ、その方、本来の性格が出てくることで、人生すら好転し始めるのです。

個人的には心や体の症状は、ずれてしまったあなたの生き方を、あなた本来の生き方へと修正してもらうためのお知らせではないかと考えています。

心身堂鍼灸院は、私があなたの病気を治すような場所ではありません。

あなた本来の生き方を取り戻すことで、健康を取り戻して、あなたがあなたらしく輝いて生きていくため

のきっかけとなる場所です。

あなたらしく生きる

自分の心や体の声を無視して、無理して生きていると、病気を出して本来の生き方に戻るよう心と体が知らせてきてくれます。

あなたの心と体の声に耳を傾けてあなた本来の人生を取り戻すことが出来れば、辛い症状は自然に消えていくハズです。

当院があなたの気づきの場になれるよう心を込めてお手伝いさせて頂ければ幸いです。

心身堂鍼灸院

Page Top