左股関節の痛み 50代 女性 浜松市

<初診時のカウンセリング>

元々腰痛持ちではあったのだが、3ヶ月ぐらい前から突然左股関節に痛みを感じるようになり、仕事が立ち仕事な為、仕事中に疼いて痛いため来院。

先月に近所の接骨院に行ったのだが毎日通うがほとんど変わらない為当院へ来院した。

鍼灸院は初めて受診する。

左股関節の痛み 50代 女性 浜松市

<施術内容と経過>

痛みの箇所がちょうど股関節の真上であり、元々、腰痛持ちでもあることから腸腰筋という腰と太ももの骨(大腿骨)をつなぐ筋肉が異常緊張しているのではないかと推測して触診したところ、股関節の痛みのある場所と腰を押さえると痛みがある。

腰の方から筋肉を緩めるように鍼をしたところ、股関節を動かした時の痛みが半分程度まで改善。その状態で再度股関節を触診すると、太ももの骨(大腿骨)が前方にずれてきていることが確認できたため、骨の位置を調整したところ痛みが消失。

施術後は痛みが取れて徐々に軽い痛みが戻ってくるという状態ではあったが、施術を繰り返すうちに痛みが出てこなくなり、5回目で股関節に関しては痛みもなくなり症状も安定した。

<まとめ>

今回のような股関節の痛みだけでなく、膝痛や足首の痛み、足裏の痛みなど、徐々に出てきた足の症状は過去に腰痛を持っていたことが多く、腰が完全に治りきっていないことから痛みの出している場所に負担がかかって痛みが出てきているケースが多い。

腰だけの改善でよくなってしまう方も多いが、今回は痛みを出している患部自体がダメージを受けて骨の位置がズレてしまっていたため、腰の改善に加えて痛みの出ている股関節の調整も必要となった症例である。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛 40代 女性 浜松市

<初診時のカウンセリング>

10代の頃から肩こりを自覚していて、肩こりひどくなると頭痛になる状態を繰り返していた。頭痛の痛みは締め付けられるような重たい頭痛で、首の付け根のあたりが特に辛いとのこと。

ずっと鎮痛薬でごまかしてきたが、頭の付け根のあたりが常にこっているような感じの重さがあり、週の5回以上頭痛が出ているため、少しでも楽になるならと来院した。

鍼灸院は初めて受診する。

頭痛 40代 女性 浜松市

<施術内容と経過>

頭痛の痛み方から首肩こりが原因の緊張型頭痛ではないかと考え、肩こり改善を主体に施術を開始。

肩こりの原因を探っていくと、胸椎(肋骨のある背骨)の動きが極端に悪いことが気になる。背骨の際の筋肉を鍼で緩めてから、軽く背骨をゆすってあげると頭の付け根の筋緊張がゆるんで、自覚的にも頭がスッキリして、楽になった。

施術を繰り返すうちに頭痛の回数が減っていき、月に2回程度まで減少。8回目の施術を終えた時点で、卒業とした。

<まとめ>

背骨に原因があって頭痛が出ていた症例であるが、背骨の原因を作り出した要因がストレスのようで、嫌なことがあるとすぐに背骨周りの筋肉が緊張する傾向があった。

月2回程度残っていた頭痛もほとんどが、人間関係のトラブルなどの直後に発生しており、心理的な問題の改善が必要であるが、本人からは心理改善を希望されなかった為、肉体的な問題点からの頭痛の改善までで終了となった。

クライアントさんがどこまでを求められているのか、こちらがどこまでを提供できるのかを教諭することが大切だと感じた症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

耳がふさがれた感じ(耳管開放症) 50代 女性 浜松市

<初診時のカウンセリング>

10年ぐらい前から右耳がふさがったような、お椀がみみにかぶさっているような感じがあり、耳鼻科では耳管開放症と診断され上手く付き合っていくしかないといわれたとのこと。

耳の方は仕方がないと思っているとのことだが、今回、肩こりがひどいため来院した。

鍼灸院は初めて受診する。

耳がふさがれた感じ 50代 女性 浜松市

<施術内容と経過>

耳がふさがれているような感覚がする人で耳管開放症と診断されている方の中には、肩こりが原因で耳に違和感を感じている方もいる為、合わせて施術をさせて頂く事で了承を頂き施術を開始。

肩こりの直接の原因は、肩甲骨の下側の筋肉の緊張と食いしばりが原因で出ていたため、肩甲骨を中心に筋肉をゆるめ、食いしばってしまうような過度な緊張を緩める処置を行った。

肩こりは初回の施術後から楽委過ごせるようになっていたのだが、週1回ずつ4回の施術が終わったころから、耳がふさがれた感じがしなくなってきたと報告を受ける。

体調に波があり、体調が悪い時には耳がふさがれている感じが出るという状態が何度か出ていたため、施術間隔を開けながら施術を行っていき、合計11回の施術で状態が安定したため、卒業とした。

<まとめ>

耳管開放症という診断が下りてはいたが、原因と思われているものが必ずしも症状を引き起こしているわけではないという症例であった。

○○だから上手に付き合っていくしかないと言われた症状の中には改善可能なものも相当含まれているので、積極的にアプローチしていく姿勢が大切だと感じた症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

鎖骨の痛み 40代 男性 浜松市

<初診時のカウンセリング>

1ヶ月前以上前から、左の鎖骨から胸骨にかけて痛みが出るようになり、病院を受診するが原因不明で、知り合いの紹介で整体院にいったが、ぐいぐい痛みのある場所をもまれた。

翌日から腫れあがってきてしまい整体はやめたのだが痛みも引かない為、当院へ来院。

鍼灸院への受診歴あり。

鎖骨の痛み 40代 男性 浜松市

<施術内容と経過>

珍しい症例ではあったが、患部を診させて頂くと赤く腫れあがって、炎症を起こしていた。病院の検査では特別な異常がみられないこと、カウンセリングで腫れてきたぐらいの時期から仕事が忙しく睡眠時間も削られていることもわかった為、身体疲労から体の弱い部分に炎症が発生したと考えて施術を開始。

全身の疲労回復を目的に肝臓、腎臓を中心に内臓調整を行った上で、患部にたまっている熱を鍼で鎮める処置を行った。初回の施術直後に痛みは50%ぐらいまで減少した。

2回目の施術の際には、痛みは30%ぐらいまで低下。腫れも引いては来ているが、まだ炎症が強い為炎症を鎮めるために、内臓調整と患部の熱を鎮める鍼を行う。

痛みは3回目には感じなくなったものの、患部の腫れが残っていたため、合計5回施術で状態が安定したため、卒業とした。

<まとめ>

過労や睡眠不足は炎症症状を引き起こすことがあり、その場合は体の弱いところに症状が発生する為、なぜそこに炎症が発生したのか明確な理由がないことがあり、患部への処置だけではかえって炎症を悪化させることがある。

生活習慣を丁寧に聞くことで適切な施術計画を立てることが出来た症例。

 

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

坐骨神経痛 50代 女性 磐田市

<初診時のカウンセリング>

4ヶ月前から、左のお尻から太ももの裏、ふくらはぎを通って指先にまで痺れが出るようになり、痛みと痺れで歩くことも辛い状態になり、友人の紹介で来院。

元美容師で現在は違う仕事をしているのだが、美容師時代から腰が悪く腰痛持ちでずっと来ており、今回の痛みも腰が痛くなったのが先にあってそれが引いたと思ったら突然痺れが始まって歩くことが難しくなってしまった。

痛みはじっと横になっていても消えず、疼き夜も十分に睡眠が取れない。

鍼灸院は初めての受診。

坐骨神経痛 50代 女性 磐田市

<施術内容と経過>

坐骨神経痛症状である。痺れや痛みが始まるお尻の辺りを指で押すと症状が悪化する。もともと腰痛持ちだったことを考慮して、腰椎周辺を調べると腰の骨に沿うように筋肉がへばりついて硬くなっているのを確認。その硬い場所を押し込むと同じように痛みと痺れが増すため、直接の原因は腰の深いところの筋肉の筋肉が緊張することで坐骨神経痛の症状を出しているのではないかと推測し、施術を開始。

骨盤と背骨の調整を行なって骨盤を安定させてから、腰の深いところの筋肉の硬い場所をゆるめるよう施術を行うと、その場で痛みが軽減し、立ち上がれるようになり、その日の夜から寝ていて疼くのはかなり楽になり、寝られるようになった。

その後も腰の深いところの筋肉をゆるめることと、坐骨神経の興奮を鎮める処置を組み合わせていったところ、5回施術で日常生活で困る痛みや痺れはでなくなり、計9回施術を行なったところで状態が安定したため、卒業とした。

<まとめ>

医学的には神経が圧迫されているだけでは、感覚異常しか発生しないとされている。(日本の整形外科学だけ神経圧迫=痛みと考えているが世界の標準はそのような考え方ではない。)今回の症例は、神経圧迫と同時に圧迫の刺激から神経が異常興奮を起こして痛みを引き起こしていたと考えられる。神経自体の異常興奮の原因を適切に処置することが大切と感じる症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛 30代 男性 会社員(設計) 浜松市

<初診時のカウンセリング>

中学2年生の時からこめかみの辺りに拍動生の頭痛(脈打つような頭痛)があり、学生の間は月に1回程度の頻度の頭痛あったのでほとんど気にしなかったのだが、社会人になってから徐々に頭痛が出やすくなり、現在は週に3回、先月からは急に頻度が増して、ほぼ毎日頭痛薬を飲んでいる状態。

頭痛外来を受診したが、予防薬上手に付き合っていくしかないと言われただけで、改善するならと当院のホームページを見て来院した。

鍼灸院は初めての受診。

頭痛 30代 男性 会社員(設計) 浜松市

<施術内容と経過>

典型的な片頭痛症状であり、仕事が忙しいなど”肩こりの悪化”に比例して頭痛頻度が増している。触診すると首はガチガチに緊張しており、特に片頭痛と関係が深い深いところの筋肉の緊張が著しいため肩首こり改善を行なっていくこととした。

この方の場合、仕事が多忙な上に頭痛と普段から考えがまとまらないなどの症状も出て来ていて、余計に仕事が片付かないからストレスがたまるという悪循環に陥っていました。

肩こりの改善が進むことで、仕事を能率よく片付けられるようになり、ストレスに対する心理療法は特別施すことなく8回の施術で卒業となりました。

 

<まとめ>

現代社会においては、ストレスが関係していない症例を見つける方が難しいが、身体的な問題からストレスに対する耐性が低下して本来であれば処理できる仕事量もこなせなくなってそれがストレスになるという循環もあり、必ずしも不健全な思考パターンに支配されているわけではないこともある症例でした。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛 10代 男性 高校生 浜松市

<初診時のカウンセリング>

小学生低学年の時から時々頭痛は出ていたのだが、徐々に頭痛の回数が増えていき最近では、毎週4〜5回ペースで頭痛が発生している。前頭部と後頭部が重たく感じる痛みがあり、ひどくなると後頭部の方が脈を打つような頭痛になって起き上がっていられなくなる。

頭痛で学校を休むことも多いため、母親に連れられて来院。肩こりや首こりの自覚なし。

鍼灸院は初めての受診。

頭痛 10代 男性 高校生 浜松市

<施術内容と経過>

慢性的に頭が重たいような感じがあることから、ベースには緊張型頭痛があり、首や肩の筋肉のこりが強くなった時にひどく頭痛が出ている可能性が高く、自覚はないが検査をすると腕が上まで上がりきらないなどかなり重度の肩こり症状を持っている。

首肩こりの原因を探っていくと骨盤や背骨にもゆがみがみられるが、首の前側の筋肉の緊張が強く、この筋肉は悩みやすい人がこりやすい傾向にあるため、話を聞いてみると悶々と考え込む癖がある。

骨盤と背骨のゆがみ改善と首回りの筋肉の緊張緩和を施術としては行いながら、ノートを渡して認知行動療法を指導して思考パターンの改善をはかっていくこととした。

 

施術開始直後は一進一退で、4回目の施術後から、頭痛の回数が週に1回程度まで急激に改善。そのまま間隔をあけていき、計8回の施術でイレギュラーなストレスがかかることがなければ頭痛が発生しなくなったため卒業とした。

 

<まとめ>

体だけの施術では非常に難しい症例出会ったと思われる。毎回ノートを持って来てもらい、認知行動療法でどのような思考の変化があるのかを確認していき、悩んでも仕方のないことと悩んで意味のあることを分けられるようになったあたりから、発言も前向きになり頭痛も改善していった。

 

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛 40代 女性(看護師) 浜松市

<初診時のカウンセリング>

社会人になった20代前半ぐらいから頭痛になることが多かったのだが、職業柄鎮痛薬がすぐ手に入るため、ロキソニンを常用しながら生活して来ていた。

 

最近はほぼ毎日、頭が重く、締め付けられるように痛い感じの頭痛が多い。特に生理前になると頭痛が強く出てひどくなると気持ち悪さも出てくる。日頃から肩こりも感じている。

鍼灸院は初めての受診。

頭痛 40代 女性 浜松市

<施術内容と経過>

緊張型頭痛と薬物乱用頭痛が併発していると考えられるため、用法用量通りの鎮痛薬の使い方をお約束していただいた上で施術を開始。

頭痛を引き起こしている直接の原因は首・肩こりでほぼ間違いなさそうなため、肩こり改善を主眼に施術計画を立てる。

首肩こりの原因を探っていくと、骨盤や背骨に大きなゆがみはないが、内臓の状態をチェックすると、小腸と左卵巣に異常反応があるため、内臓の不調による首肩こりから頭痛になっていると推測し施術を行った。

施術開始後4回は施術直後は楽になるが、3日ぐらいで再び頭痛になって来てしまっていたが、5回目以降から徐々に頭痛が減少して薬も減らせるようになって来た。途中生理の後から調子が悪くなることがあり、一進一退となったが、繰り返し施術を行うことで、状態が安定して来た。

雨の日だけ頭痛が出てしまうものの、それ以外の日ではほぼ頭痛が出ることがなくなったため14回の施術で卒業とした。

 

<まとめ>

内臓が関わる頭痛は生理などの影響もあり、ある程度良い状態までいっても急に状態が崩れてしまうことがあるため、慎重に経過観察を行なっていく重要性を改めて感じた症例でした。

 

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

左肩甲骨下の痛みツッパリ 60代 女性 浜松市

<初診時のカウンセリング>

6ヶ月ぐらい前に左肩甲骨の下に違和感を感じたが、いずれ治るだろうと放置していた。特別思い当たる原因はないとのことだが、どんどん悪化して、3か月前からは痛みに変わってきた。特に朝痛みが強く、ちょっとした動作でズキンっと鋭い痛みが走る。

 

体を動かして温まると幾分痛みが和らぐが、ほぼ毎日痛みに悩まされている状態。友人の紹介で当院へ来院した。その他に腰痛と足のツッパリもある。

鍼灸院は初めての受診。

<施術内容と経過>

左肩甲骨の下側を触ると筋膜(筋肉を覆っている膜。傷がつくと筋肉の伸び縮みが行いにくくなり、痛みを出す。)に傷がついているような痕があり、6ヶ月前に何かで一度軽く筋膜に傷がつき、それが日常の生活の中で大きく広がってきたようである。

直接の原因はこの筋膜の傷と考えて施術を開始した。筋膜を引き裂く方向に筋肉を引っ張っているゆがみの改善と筋肉の緊張を緩める処置をしてから、患部に米粒大のお灸を行った。

主訴ではない腰痛と足のツッパリは1回目の施術で改善。

3回目以降から日常的な肩甲骨下の痛みは減り、痛みに怯えてやめていた旅行まで出かけられるようになった。6回目の施術時点でほとんど痛みを感じることがなくなり、筋膜が完全に修復され筋膜を引き裂く方向へ力が加わるようなゆがみや筋肉の緊張もなくなったため7回の施術で、卒業とした。

<まとめ>

筋膜の傷とはいわゆる肉離れの状態ではあるが、多くの場合傷が古くなったまま痛みだけ感じなくなった状態を治ったと思われていることが多く、再発を繰り返しやすい為筋膜の傷が確認できなくなるまで施術を行った。

筋膜に傷をつける要因となるゆがみや他の筋肉とのアンバランスの調整を加えていくことで、再発予防につながる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛 20代 女性 浜松市

<初診時のカウンセリング>

小学生高学年ぐらいから、こめかみのあたりに脈打つような感じの頭痛が発生していたが頻繁でもなかったためそのまま生活を続けていた。社会人になってから頭痛の頻度が増加したものの薬を飲みながら生活できていた。

仕事が忙しかったせいか、3ヶ月ぐらい前から頭痛症状が強くなり始め、常に頭を締め付けられるような重たいような頭痛があり、脈打つような鋭い痛みの頭痛が週6回まで増加。ほとんど毎日痛み止めを飲んでいるが良くならない為、当院へ来院した。

鍼灸院は初めての受診。

<施術内容と経過>

頭痛を感じる場所は広範囲ではあるが、首と肩のこりが強く頭痛の直接の原因はこりが原因と思われたため首肩こりの改善を目標に施術を開始。

体を診させて頂くと、脚長差が強く出ており骨盤が右に偏って倒れており、背骨もねじれが発生している。頭部を守るために首肩の筋肉のこりは、体の不安定感から頭を守る反応と考えて体のゆがみを出しているアンバランスな筋肉の緊張が整うように調整していった。

初回の施術直後にその日に合った頭痛は消失。その後も徐々に頭痛が出にくくなり、1週間に1回を5回、2週間開けて1回、3週間開けて1回、4週間開けて1回の合計8回の施術で頭痛もなく原因となった骨盤や背骨のゆがみの再発もみられない為、卒業とした。

<まとめ>

よく見られる骨盤や背骨のゆがみからくる頭痛ではあったが、日常生活上ゆがみを作り出すような生活をやめてもらうことと、ゆがんだ状態で固定化されてしまった体を改善した。頭痛そのものは6回目の施術時点ですでに消失していたが、骨盤と背骨のゆがみが再び発生してきていたため、再発を予防する目的でゆがみが発生しなくなるまで施術を行った。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。