起立性調節障害(OD) 浜松市中区の心身堂鍼灸院(はりきゅう)

Tel:053-477-0596受付:9:00~18:30 休業日:木日
ホーム > 自律神経失調症 > 起立性調節障害

起立性調節障害の症状でお悩みの方へ

起立性調節障害でお悩みのあなたへ

原因不明で子供に多い起立性調節障害

  • 年齢が10~19歳という第二次性徴期にあたる。
  • 立ち上がったりするとめまい(立ち眩み)がする。
  • 朝、何度起こしても起きることができない。
  • 朝起きることができない、頭痛がある、だるさを訴えるなどで学校生活に支障が出てきている。
  • 午前中症状が強く午後や夕方になると症状が軽快または消失する。
  • 朝起きることができなくなり、昼夜逆転の生活習慣に変化してきている。
  • 自覚のあるなしにかかわらず、何らかの心理的なストレスを抱えている可能性を持っている。
  • 学校が嫌いなわけではないが、学校へ行けなくなった。
  • くすぐったがり、音や匂いに敏感など神経質な傾向がある。
  • 学校行事などイベントごとの時は起きれる場合がある。

 ご訪問ありがとうございます。心身堂の佐野です。上記の内容にいくつ当てはまったでしょうか?起立性調節障害は思春期の体の変化やストレスなどが関係して自律神経の調整うまく行えなくなった結果、朝起きられない、だるい、頭痛がする、夜眠れない、気力がわかないなどの症状に悩まされる疾患です。

一昔前までは怠けていると勘違いされていたこともありましたが、近年では疾患として認知されるようになってきました。しかし、この病気がなぜ発症するのか?どういった原因で発生するのか?など、現代医学でも根本的な原因や有効な治療法は確立されていません。

 当院は自律神経専門院として、起立性調節障害のお子さんが元気を取り戻すためのお手伝いをさせて頂いております。現代医学では原因不明で効果的な治療法が確立されていない疾患とされていますが、起立性調節障害またはその疑いのあるお子さんが多数、来院されて元気を取り戻されています。

当院で起立性調節障害の改善に取り組まれた方の声

※個人の感想であり、効果には個人差があります。 声 ※個人の感想であり、効果には個人差があります。 声 ※個人の感想であり、効果には個人差があります。 声 ※個人の感想であり、効果には個人差があります。 声 ※個人の感想であり、効果には個人差があります。 声 症例ノート

起立性調節障害はなかなか治らない病気?

 

起立性調節障害は医学的にも簡単には治らない病気とされています。血圧をあげる薬、自律神経を整える為にリラックスさせる薬などが処方されています。

 

そういった薬物療法で良くなるケースもあるのですが、医学的なデータでは薬物療法が有効な子供はそれほど多くはないようです。

 

当院へ通われる子供も、改善のスピードにはかなり個人差があります。当院でも週1回の施術からはじめて、徐々に施術間隔をあけていき、ほとんど元通りに学校へ通えるようになるケースもあれば、週1回の施術での改善が本当に薄皮をはぐようにゆっくり少しずつ改善して、それ以降は、徐々に日常的な活動が行えるようにはなるものの、最終的には遅れて学校へ行くというところまでが限界というケースもあります。

 

改善のペースや改善の限界はケースバイケースですが、過敏性腸症候群、呼吸器喘息など、消化器系、呼吸器系の疾患を持っている子供や食が細い子供、偏食など、虚弱体質や基礎疾患があるケースや自分の感情を言葉にするのが苦手な子では改善までに時間がかかるケースが多いという印象を受けます。

どのぐらいで回復するのか?

 ここでは標準治療(病院での医師による投薬治療)を行った場合の、回復率のデータをご紹介します。遅刻や欠席が増える日常生活に支障がある中程度以上の重症度では、1年以内の回復率は約50%、2~3年後でも約70~80%といわれています。

 残念ですが、遅刻や欠席が増えている中程度以上の場合には、早期に元の生活に戻ることがかなり難しい疾患であるということがわかるデータです。当院にこられる方の多くは中程度以降になります。

起立成長性障害を改善する基本ポイント!

 

自律神経は活動的にさせるための交感神経、リラックスさせるための副交感神経の総称と生物で習った方も多いかと思います。もっと簡単に言えば、昼と夜とを見分けて昼なら活動的に、夜ならリラックスさせて休息といった具合に、活動と休息を行いやすいように全身をコントロールするのが自律神経です。

 

当院では、自律神経が乱れるほとんどの原因は、その子の持っている体質に適合しない生活習慣を継続したことで徐々に肉体、精神(神経)にダメージを与え、私達が生きていくために絶対に行わなくてはいけない呼吸、食事(消化吸収)、睡眠が適切に行えなくなり、徐々に自律神経が乱れて起立性調節障害の症状が発症してくると考えています。

 

自律神経を整えると聞くと、何か特別なことを行わなくてはいけないと考えがちですが、最も基本的なことをしっかり行えるようにすることが大切です。

呼吸、睡眠、食事(消化吸収)が適切に行えなくなる体のダメージとは?

 

生活習慣の指導通りに生活を見直しても自律神経が整ってこないことは少なくありません。なぜなら、体に蓄積したダメージのせいで、呼吸、睡眠、食事(消化吸収)が適切に行えなくなっている体の状態では、生活習慣を見直しても十分な効果を得ることが出来ないからです。

 当院は起立性調節障害に対して、首周辺及び頭蓋骨周辺の筋肉のこりの改善及び内臓を刺激して胃腸の働きを促す施術をメインに行っています。

首周り及び頭蓋骨周辺の筋肉のこりの改善は、東京脳神経センター理事長の松井孝嘉医師が提唱する、頸性神経筋症候群(首こりが自律神経を乱す原因になるという理論)によって、呼吸や睡眠、消化器の活動低下によるものであることが多いと考えています。

当院では松井医師の理論を独自応用し、刺さないはり・整体を組み合わせて首こりの改善を第一優先に施術を行っています。

 また、消化器(胃腸)の動きが悪い場合には、直接内臓へアプローチすることで、内臓の活動を促します。しかし、最も重要なのは正しい呼吸、正しい睡眠、正しい食事についても行えることなので、生活指導も併せて行っています。

施術の期間と回数について

 人の体は現状を維持しようとする機能があります。起立性調節障害の症状に悩まされてきた期間が長いほど、施術によって体に変化を与えても、元の状態に戻ろうとする(自律神経が乱れた状態に戻ろうとする)力が強く働きます。

現状を維持しようとする力を働きにくくするために複数回の施術で少しずつ変化を与えていくことが重要になりますが、現状を維持する力の強さによって施術回数や期間が増減します。

 平均的な改善例では、4~5回の施術である程度、自律神経症状からくる症状の改善がみられるレベルまで改善してから、徐々に施術間隔を2、3、4週間と広げていき、施術による助けがなくても自分の力で良い状態を維持できるようになるまで施術を行い卒業していきます。最短でも施術回数で7~8回、期間にして3ヶ月程度になりますが、前述した通り、重症度やどれだけ生活指導通りの生活をしてくれたかなどの努力によって施術回数や期間は大きく増減します。

費用について

 起立性調節障害は鍼灸の保険適応外なので、施術にかかる費用は全額自費となります。1回の施術料は以下の通りとなっております。

頭痛の施術料

子供の今後の人生を考えて今どうするべきかを考えた行動が大切です

 起立性調節障害は思春期という人生で1度しかない楽しい時期を奪い、進学など後々の子供の人生へ長期にわたって悪影響を与えてしまう疾患です。今は学校へ通えていても徐々に症状が悪化していって気が付くとほとんど学校へ行けなくなっていたという感じで症状が進行していくことも多いため、なるべく早期に気が付いてあげて、適切な対応を取ってあげることが理想です。

 ある統計データによれば、病院の治療で1年後に回復している確率は約50%、3年後でやっと70~80%と言われています。(3年後でも20~30%の人は回復しません。)回復と言っても症状の残存率は20~40%(4年後以降でも症状が残る)とされており、スッキリ良くなるというより、社会にやっと復帰できるレベルでこの数字です。大人になっても自律神経症状が継続する方もいます。

 1年か、3年か、5年か、10年か、何年かかるかわかりません。回復を気長に待つということも選択肢としてはありな疾患です。しかし、自律神経に対するアプローチで改善する人もいるわけですから、改善する為に今、出来ることを積極的に行っていくという選択肢もあります。もちろん、どちらを選ぶかは本人と親御さんの自由です。

 もし、積極的に起立性調節障害の改善に取り組んでいきたいという方は、子供の医師をしっかり確認したうえで、下記の電話番号へ「ホームページを見て、予約をしたい」と今すぐお電話ください。私の持てるすべての技術と知識を総動員して、1日も早く日常生活に戻れるようにお手伝いさせて頂きます。

[関連リンク]
起立性調節障害の食事
起立性調節障害の心理状態とメンタルケア

TEL

Page Top