パニック障害

パニック障害の予期不安の克服方法

パニック障害になると、多くの方が予期不安に悩まされます。予期不安そのものはもともと私達が普段感じる不安と同じメカニズムで発生する症状の為、不安のメカニズムを知ることで克服する方法が見えてきます。予期不安は必ずしも克服しなくてはいけないものでもない為、自分の生活に本当に克服の必要性があるのか?も一度振り返ることも大切です。
めまい

めまいの原因がストレスといわれる理由

ストレスからめまいが出るとよく言われますが、そもそもなぜストレスからめまいが出るか?イメージが付きにくくないでしょうか?長年多くのめまいの方を診させて頂く中で、かなり共通してるのがめまいと首こり、めまいと呼吸の関係です。単にめまいが良くなる方法を探すよりも、なぜめまいが発生しているのかを考えることはとても大切です。
自律神経

季節性うつ病の治し方

冬になってくると気分が憂鬱になる、嫌なことが出来なくなる。気分が落ち込むなどの季節性のうつは生活リズムを整えることがとても大切になってきます。眠たくなったり、甘いものを欲しがる方が多いですが、光をしっかりと浴びることがまずは大切です。外に出られなければ、光線治療器などを利用するのもよいでしょう。
心理

不登校連動型の起立性調節障害の対応方法

起立性調節障害と不登校の心理が重なっている症例では、単に起立性調節障害の改善だけを考えればよいわけではありません。肉体対的な起立性調節障害のケアを行いながら不登校の心のケアも必要になってきます。朝起きられないのみの症状の場合には、不登校の心理が裏にあることがありますので、注意が必要です。
起立性調節障害

不登校に連動した起立性調節障害とは?

起立性調節障害には、起立性調節障害という身体的な問題のみが原因となって発生している起立性調節障害と、不登校の心理的な側面をもった起立性調節障害の2つのパターンがあります。前者は肉体的な問題の解決を行っていく事で改善していきますが、不登校の心理的な側面を持っている場合は改善に難航します。
起立性調節障害

起立性調節障害「学校へ行きたい」の言葉の裏側

起立性調節障害で来院される子供の中には心の問題を抱えているケースがあります。そんな心の葛藤がどのように発生しているのか、どうすれば私たち大人が理解してあげられるのかのヒントを私の実際の失敗談も交えてご紹介しています。「学校へ行きたい」この言葉をそのまま受け取って、子供を追い詰めてしまわぬように気を付けたいものです。
めまい

何度もぶり返す、慢性的なめまいの原因とは?

何度もぶり返してしまう、慢性的なめまいの原因の多くは、脳へ向かう血流の悪さによって、三半規管への血流が低下して栄養不足、むくみなどが発生した結果、めまいを引き起こします。首周りこりによる、血管の圧迫など、物理的な問題がなければ、呼吸によってめまいの改善は可能なケースが少なくありません。
パニック障害

パニック障害の辛さは細胞の酸欠が原因!?

パニック障害で悩まされる不安感、息苦しさ、動悸、ソワソワする、めまい、だるいといった辛い症状は、細胞に十分な酸素が供給されていないことが原因の場合があります。このページでは細胞の酸欠が引き起こされる医学的なメカニズムについて解説しています。
心理

苦しいけど、効果絶大パニックと不安解消呼吸法

不安感やパニック発作をコントロールしたい方に当院で実際に指導している呼吸法です。この呼吸法と正しい呼吸を身につけることが出来ると、パニック障害はかなりコントロールが出来るようになっていきますので、地道に頑張っていきましょう。あきらめないことが大切です。
パニック障害

パニック障害、過呼吸(過換気症候群)、不安感を改善する方法

パニック障害によるパニック発作や、不安感が強いなどの症状は、日常的に間違った呼吸を行っていることで、細胞に酸素を供給するために必要な二酸化炭素不足が原因になっている。この問題を解消するには、正しい呼吸を身につけることと、二酸化炭素を積極的に貯める呼吸法を継続することが大切です。
タイトルとURLをコピーしました