起立性調節障害

不登校に連動した起立性調節障害とは?

起立性調節障害には、起立性調節障害という身体的な問題のみが原因となって発生している起立性調節障害と、不登校の心理的な側面をもった起立性調節障害の2つのパターンがあります。前者は肉体的な問題の解決を行っていく事で改善していきますが、不登校の心理的な側面を持っている場合は改善に難航します。
起立性調節障害

起立性調節障害「学校へ行きたい」の言葉の裏側

起立性調節障害で来院される子供の中には心の問題を抱えているケースがあります。そんな心の葛藤がどのように発生しているのか、どうすれば私たち大人が理解してあげられるのかのヒントを私の実際の失敗談も交えてご紹介しています。「学校へ行きたい」この言葉をそのまま受け取って、子供を追い詰めてしまわぬように気を付けたいものです。
めまい

何度もぶり返す、慢性的なめまいの原因とは?

何度もぶり返してしまう、慢性的なめまいの原因の多くは、脳へ向かう血流の悪さによって、三半規管への血流が低下して栄養不足、むくみなどが発生した結果、めまいを引き起こします。首周りこりによる、血管の圧迫など、物理的な問題がなければ、呼吸によってめまいの改善は可能なケースが少なくありません。
パニック障害

パニック障害の辛さは細胞の酸欠が原因!?

パニック障害で悩まされる不安感、息苦しさ、動悸、ソワソワする、めまい、だるいといった辛い症状は、細胞に十分な酸素が供給されていないことが原因の場合があります。このページでは細胞の酸欠が引き起こされる医学的なメカニズムについて解説しています。
心理

苦しいけど、効果絶大パニックと不安解消呼吸法

不安感やパニック発作をコントロールしたい方に当院で実際に指導している呼吸法です。この呼吸法と正しい呼吸を身につけることが出来ると、パニック障害はかなりコントロールが出来るようになっていきますので、地道に頑張っていきましょう。あきらめないことが大切です。
パニック障害

パニック障害、過呼吸(過換気症候群)、不安感を改善する方法

パニック障害によるパニック発作や、不安感が強いなどの症状は、日常的に間違った呼吸を行っていることで、細胞に酸素を供給するために必要な二酸化炭素不足が原因になっている。この問題を解消するには、正しい呼吸を身につけることと、二酸化炭素を積極的に貯める呼吸法を継続することが大切です。
呼吸

自律神経を整える正しい呼吸とは?

こんにちは、佐野です。今日は正しい呼吸について解説しています。文字だけでは正確にお伝え出来ないところもあるので、出来れば専門家にチェックしてもらうことをお勧めしますが、近くに呼吸指導を行える専門家がいない方は何度も読...
呼吸

細胞レベルで代謝を落とす、間違った深呼吸していませんか?

一般的に健康に良いといわれる大きく息を吸って肺いっぱいに空気を取り込むという呼吸法は、生理学的に考えていくとあまり健康的な呼吸法ではありません。なぜ、健康的な呼吸法ではないのか?を細胞レベルで解説しています。間違った常識を知識武装で覆しましょう。
自律神経

自律神経を整える、生活習慣を見直す優先順位

自律神経の整え方を検索すると、実に様々な生活習慣の改善法や体操やストレッチなどが出てきますが、それらすべてが睡眠・食事・排泄・呼吸・水分補給に関わるものになります。自律神経を整えていくにあたって、すべて童子は難しいので、優先順位に沿って生活習慣を改めていくことをお勧めします。
自律神経

自律神経を整える呼吸の重要性

自律神経に直接影響を与える方法は呼吸しか今のところ見つかっていません。古来から呼吸の重要性は言われており、現代のストレスは慢性的な緊張状態になりやすく、自律神経に悪影響を及ぼしやすい状態です。正しい呼吸を行うためには、正しい呼吸法のみならず、身体の状態や食事にも気を使う必要があります。
タイトルとURLをコピーしました